FC2ブログ

ピナクルスポーツで野球やサッカーに賭ける!

ここにトップインフォメーションを入力してしてください

ブックメーカーでプロ野球がさらに楽しいです。

既に残り試合20試合を切った球団も出てきました、プロ野球。
各チームもクライマックスシリーズに向けて熱い戦いが繰り広げられています。
ブックメーカーで今年も私も燃えます!

マジックこそ点灯し、すぐ消えてしまうという状況ですが、
セ・リーグはやはり、ジャイアンツが一歩リードといったところでしょうか。
カープとの直接対決でも3タテと勢いづいているような気がします。
ケガ人も続々復帰し、40試合ぶりにエース菅野の登板もいよいよです。
これまで先発ローテーションを守っていた大竹の離脱は痛いところですが、
クライマックスシリーズまでに間に合えばと思います。
そしてベテランとして活躍してくれた高橋由伸の復活も願っています。
ブックメーカーでこの方がいるときは安心してかけることができました。
大竹

今年は昨年大活躍だった山口・マシソン・西村の中継ぎ陣の不調、
先発不足、けが人に泣かされてきたジャイアンツですが、
ぎりぎりの戦いが続く中でも首位の座は明け渡していません。

苦手のDeNA、ヤクルト戦も多く残っていますが、
今年もリーグ優勝をしてくれること、日本シリーズで今年こそ優勝してくれることを信じています。
スポンサーサイト



ピナクルスポーツが好きなので子供もサッカーが大好きです。

長男が少年団からサッカー小僧です。
私がピナクルスポーツが大好きだからかもしれませんw
まずはサッカー少年団は人数が多い。
少年団

特に長男世代はJリーグが始まった年に生まれてます。
現在小学校・中学校・高校にサッカー部のない学校は少ないです。
サッカー人口は底辺からたくさんいます。
将来ピナクルスポーツで活躍して欲しいです。

少年団も試合が多くそのたびに配車、応援、
親の審判取得などが出てきます。

最近はシングルの家庭も多く、配車の車が小さかったり、
親が出てこないとかもあり悩むとこです。

親がよくでる家庭は頼られて大変なこともありますが、
子供とともに成長できることもあります。

親が巻き込まれることもあるのがサッカーなのか?と思います。

マイナーになった剣道

我が家、母と三男坊が剣道をやってます。
剣道はスポーツではなく武道です。
剣道

剣道をやらせようと思う親御さんは、
小学校高学年になり、スイミングもいまさら?やらせても。

サッカーは体力的に大変なうえ、親も面倒。野球もそう?で
何もやらせないのもで剣道に来ます。

そういう子はまず運動神経が悪い。
特に学校の体育だけしかやってないので、
走っても遅い。

馬跳びなんぞできない。
筋トレは無理。そんなお子さんが多い。
剣道着着せても動けず、防具つけたら動けない。

剣道ってそんなに楽に見えます?
重たい防具つけて動くんですよ。

自分の子の体力わかってますか?
三男坊は4歳から剣道やってますので動けますし、
暑くても稽古できます

そういうお子さんは夏場、稽古は大変です。
今のご時世、熱中症が心配なんで
、休憩取りながら稽古しますが、
休憩したら動けないです。その暑さの中、面付けたら動けません。


基本的な体力の低下している現代の
小学生は動くことをしてないので、無理です。

親御さんも今までおとなしく育ててこられて
急に剣道やらせても無理です。

今の子供さんはお母様が小さいときに
自分が動くの嫌だからおとなしくDVD見てる子が
いい子で育ててきて、急に焦って運動させても基礎ができてません
これから親になられる方は子供は小さいときから動かしましょう。
将来なんでもできる子になります。お願いします。

ピナクルスポーツで賭けることはさすがにできませんが

誰でも遊んだ記憶があるスポーツ・ドッジボール。
ルールも簡単で誰でも覚えやすく、授業でも取り上げられており、
学校の休み時間になると学年問わず校庭や体育館に集まり、
ドッジボールを楽しんでいる様子をよく耳にします。

そんなドッジボールにも公式ルールがあり、クラブチームが存在します。
JDBA(日本ドッジボール協会)が定めたルールに沿って、
小学生が中心に、学生や大人のチームも存在し、全国大会やアジア大会など
熱い戦いが繰り広げられています。

「ドッジボールの習い事?聞いたことない」というのがまだ多く、
サッカーや野球などと違いマイナーイメージがありますが、
誰もがプレイしたことがあるので、試合になるとみんな真剣になります。

公式は遊びのドッジボールのルールとは少し内容が異なります。
まず驚くのは試合時間。

1試合、5分!!
たった5分で勝敗が決まります。

人数は12人制。
アタッカー、外野アタッカー、カットマン、センター捕手など重要なポジションもあり、
きちんとしたフォーメーションも存在します。

一番重要なのは 相手アタッカーのボールに当たらずキャッチをする。
自分チームのボールにし、内野・外野アタッカーがうまくパスを入れて
相手チームのフォーメーションを崩し、攻撃すること。

そして内野数で勝敗が決まります。

アタッカーが投げる球は早く、パスが速く回るほど攻撃がききやすくなります。
観戦するほうも、5分の短い試合時間ずっと盛り上がっていくので手に汗握り応援しています。

個人プレーではなく、チームが一丸となって取り組んでいく姿がとても眩しく思えます。
ただの遊びではない 真剣な公式ドッジボール。
大会に向けてプレイヤーも練習に励んでいます。

ピナクルスポーツでプロ試合にかけたい方はこちら
ピナクルスポーツ

ピナクルスポーツで香川選手にかけられる!

ドルトムントに復帰し、チャンピオンズリーグ(CL)の出場可能選手として登録もされました。
今シーズンのCLに出場することができます。
家具ァ選手

まずは、チームでの地位を確保してレギュラーになってほしいものです。
レギュラーとして認められれば、それなりに活躍していることになります。

香川選手の活躍する姿に飢えているファンとしては、本当に今シーズンは楽しみです。
ピナクルスポーツで賭けるのを楽しみにしていましたからね!

そしてCLです。
マンUでは、出場権を逃してしまいましたが、移籍することで出場できるようになりました。
このチャンスを最大限に活かしてほしいですね。

CLで再び香川選手の存在感を世界中にアピールしてほしいものです。
そして、香川選手を放出したマンUを悔しがらせてほしいものです。
私はいつもマンUにはピナクルスポーツでは賭けませんのでぜひ倒して欲しいです笑

そして日本代表に凱旋して、再び代表の中心選手としてチームを引っ張ってもらいたいです。
今年のワールドカップは、活躍できませんでした。
2回分の悔しさを次回のワールドカップに果たせるように結果を残してほしいものです。

全ては、ドルトムントでの復帰戦にかかっていると思います。
香川選手の活躍に期待しています。